Search
  • keiomedstudentambassador

第16回 秋の夜長を楽しむ 信濃町の夜景

 季節はすっかり肌寒く、秋らしくなってきた今日この頃。秋といえば読書、スポーツ、味覚、そして「秋の夜長」である。最近は18時ともなるとすっかり暗くなる。仕事や実習を終えると足早に帰りたいところだが、実は信濃町キャンパスから夜景を楽しむことができるのをご存知だろうか。


 筆者は国立競技場駅を利用しているのだが、孝養舎から予防医学校舎の方に向かうときにまず目に飛び込んでくるのは、ニューヨークの摩天楼を彷彿とさせる建物である。新宿のシンボルともいえるようなこの建物の名前を、信濃町キャンパスに通い4年目にして初めて知ったのだが、実はあの建物の正式名称は「NTTドコモ代々木ビル」通称ドコモタワーだそうだ。2011年の東日本大震災以降、夜間のライトアップは一時期中断されていたが、東京五輪2020を控えた2018年には復活し5色のオリンピックカラーに彩られていた時期があったり、コロナ禍初期に医療従事者を応援する願いを込めてブルーにライトアップされていたりした時期もあった。このように、世を反映して何色にも輝くドコモタワーであるが、筆者が写真を撮影した9月はライトアップが見られなかった。またその輝きが戻ってくる日を願うばかりである。

 そして、筆者がぜひおすすめしたいキャンパス内の超穴場の夜景スポットがある。それは、病院2号館の最上階のエレベーターを降りてすぐの場所である。大きなガラス窓から新宿のビル群を一望することができる。夜景だけではなく昼間に赴いて景色を楽しむのもよし、レストラン ザ・パークで食事をしながら楽しむのもよし、色々な楽しみ方ができる。


 近場で夜景を眺めながら、”今日も1日頑張った。明日も頑張ろう!”とリフレッシュしてから帰路につく、たまにはこんな1日の締めくくり方もありなのではないだろうか。



58 views0 comments

Recent Posts

See All

慶應医学部の一大イベントといえば慶應医学賞が思い浮かぶ。KSAMでは、これまで慶應医学賞受賞者へのインタビューや懇親会の司会を行ってきた。すでに2022年度の受賞候補者募集が終わり、早くも今年度の受賞者発表に心が弾む。これまで8名ものノーベル賞受賞者を輩出してきた慶應医学賞の歴史を見ると、第1回は1996年に遡る。第1回の選考では世界18カ国に1,300通余りの推薦依頼状が発送され、117名の研究